FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

満たされて消えるのです 

三日月の綺麗な綺麗な夜です
私の脳にワウペダルがつけられました
私の体にトレモロアームがつけられました
常人と狂人の狭間を揺られるバスの中で
何人殺せばノーベル平和賞を貰えるのかを考えていました
バスの中にガソリンをぶちまけてMack The Knifeを口ずさむ僕は
生活が嫌いだから人の生活など気にする必要など無いのです
私はみんな嫌いでみんな大好きだから一緒に燃えるゴミにしていい
そう思いながら最寄り駅で脳味噌を燃やしてしまいたくなり
煙草に火を点けてみたというのに私の脳はもはや気化してしまっていました
私の脳など必要なくて病巣はこの満月みたいな睾丸だった
そうして私は睾丸を燃やして夜の蝶になりました
「あら、久しぶり。水割りでいいかしら?」
そう尋ねると三日月も新月になり暗い暗い夜のお出ましです
きっと、ここからはじまって
きっと、ここで終わりです
スポンサーサイト



2019/11/30 Sat. 17:47 | trackback: 0 | comment: 0edit

シネマ・パラダイス 

スティック・ウォールみたいな恋がしたい
メキシカン・ピッツァみたいな恋がしたい
ストロベリー・ヘヴンみたいな恋がしたい
イタリアの映画みたいな夢を見させてよ
もしもこの世界に全部、全部を止められる者がいるとしたら
アカデミー受賞作級の可愛さを持ったあたい達ね
もう誰もこの恋を止められる者はいないのだわ
もしも此処の花が全部、全部枯れてしまったとしても
象さんジョウロを二人で持ってにこやかに笑い
水を探して広い世界を歩いて歩いて恋を育みましょうね
今はたまにしかない晴れた休日なのだから
たまにしか生らない実も実るはずよ
だからあなたは強く生きてよね
それがずっとずっと二人の約束よ
お願い、ほんと、ずっと信じてるわ
薄緑のワンピース、古ぼけたデニムジャケット
どちらも私たちじゃない私たちなのだから
2019/10/09 Wed. 02:23 | trackback: 0 | comment: 0edit

毒毒虫虫 

僕は貴女の嫌いな芋虫です
貴女の心にへばりついています
気持ち悪いので剥がしてください
猛毒があるので剥がしてください
もしも貴女の心に住めるなら
僕は綺麗な蝶になり
貴女を未来へ導いていきます
よければトマトを一緒にどうですか?
2019/04/21 Sun. 18:34 | trackback: 0 | comment: 0edit

毒に塗れた日常 

僕の好きな君は君じゃない君なんだと言い聞かせているのに
君は君らしさを漂わせながら僕の日常を君色に染めてくる
すべてが君の思い通りだとしたらそれは恐ろしい事で
僕の好きだったはずの君は君ではない思想を持った君と言う事になるし
すべてを君が思い通りにできるのだとしてもそれは恐ろしい事で
僕の好きだったはずの君は君ではない力を持った君と言う事になるし
僕はすべてが怖くてすべてを信じたくなくてでも君は信じたくて
いや君が君であることを信じているからこそ、この薬を飲んでいる
僕の体は君と薬に侵されてもうピンク色の公害なんです
だからきっと君を殺しても私に罪はないと言い聞かせながら
薬を飲むことでひっそりと私は計画を練り固めています
これも君の思い通りですべて君の手のひらで踊らされていて
私の解毒剤は君なのに私の毒は君なんだな、銃声が響けばいいのに
2019/04/03 Wed. 09:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

電車を待ちながら 

「きっとこの恋は実らないな」と確信した私は
遅延の電車をさらに遅延させる為だけにこの踏み切りに立っています
この恋は遅れることも早まることもなくここに留まり
私の命だけが急行電車と一緒に繁華街へ向かいます
私の命は繁華街のソープランドで溺死して
無に帰ってしまうのがお似合いなんです
だからおしっこをオプションで付けてください
変態でごめんなさい
2018/11/14 Wed. 13:40 | trackback: 0 | comment: 0edit