FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

自尊心の表れ 

私はこの儘、立っています。

自尊心が朽ち果てたわけではありません。

ただ、世界を傍観したくなっただけです。

それが過ちであろうと、間違いであろうと私は立っています。

疲れれれば自然に座りこむでしょう。

それが世界を滅ぼす切欠であろうとも、私は座るのです。

それが自尊心の朽ち果てたときです。

ビー玉のような小さな地球を象のように大きく感じた時、

私は自分に終止符を打つのです。

ただ、それまでは立っています。

疲れ果てるまで立っています。

腐りきったどうでもよい自尊心を首から、ぶら下げながら・・・

スポンサーサイト



2005/07/16 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit