FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

満月まで後少し 

月が凛として輝いている。

見た目は満月だ。

しかしこれは満月では無いと言う。

だが、私はこれを満月だと胸を張って言える。

それほど凛としていて格調高き月なのだ。

私は月に敬礼をしてみた。

何か込上げる物を感じた。

スポンサーサイト



2005/07/20 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit