08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

多勢に無勢 

階段を象に乗ったハンニバルを引き連れ軍隊が登ってくる

私から何を奪おうと言うのか

徴兵制度は復活するべきだ

私がもし軍隊にいた経験があればハンニバル軍と五分で渡り合えた

現実の私は像の巨体に臆して虹色の園の見える窓から飛び降り

必死の形相で交番まで行き

「軍隊が私を攻めてくる!!」

と言ったのだが警官は

「私も貴方を狙っています」

とニューナンブを取り出し私を威嚇する

逃げ道などないのだ

世界の総てが私を狙っている

逃げ場などないのだ

気がつけばSASに囲まれていた

私は銃弾の雨に打たれ、戦没者となったのだ

第1次ヘドニズム戦争はこれで終わりだ

明日は何時に起きようか

明日は戦争などないだろう

なぜならジョン・レノンのイマジンを聞いている

私は偽善の平和主義者を騙るのだ

さすれば戦争など起こらないのだ

スポンサーサイト
2005/09/29 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

変わり目 

今日は朝から曇り空だ

季節もベルトコンベアーのように目ま狂しく運ばれて来る

そろそろ半袖でも夜は寒い

こんな日こそ第二の宅間守になれそうな気がする

季節の変わり目は狂人の生まれる頃だ

時は来たのかもしれない

2005/09/23 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

不吉の食事 

茶碗が割れた

私はそれをオカズにご飯を食べようと思ったのだが・・・

・・・さて、何にご飯を盛れば・・・

昔から陶器が割れるのは不吉なことだと言われてきたが

今、それを身を持って体感している

オカズがあるのに食事ができないと言うのは一種の拷問である

このままでは栄養失調になってしまう

それを暗に示したのがこの茶碗なのだろう

あぁ不吉だ

2005/09/19 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

みみがのびていく 

きょうはいいてんきだ

みみがどこまでものびていく

きっとしあわせのこえをさがしにいったんだ

それはかぜのおとやきぎのこえ

そんなたあいもないしあわせのこえを

どこまでもどこまでものびていくみみは

さがしにいったんだろう

ほんとうはそんなものはすぐそこにあるのに

みみはとおくだからきこえないんだ

でもいいんだ

みみよのびていけのびていけ

どこまでもどこまでも

2005/09/15 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

投票には行きましょう 

今日は選挙の投票日である

律儀な私は投票に行く予定だ

大衆の意思として国家の代表になるのが政治家

しかし誰にも支持されない候補者もいる

しかしこの候補者を支持している人がいるのも明確なのだ

多数決と言うのは昔から嫌いだった

変わり物が好きで大衆の好む物は好まなかった

今でもそうである

今回の選挙でやはり支持政党である共産党は議席数は少ないだろう

考えてみたのだが最下位当選という制度を設けては面白いのではないだろうか

誰にも支持されていなくても国家の代表となれる

素晴らしいではないか

日本国は国民の意思の反映されない国家となるのである!!

・・・今とあまり変わらないか・・・

2005/09/11 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

不純物 

嘔吐を繰り返す鸚鵡

12時しか刺さない時計

高田馬場にしか止まらない列車

胎盤を産む妊婦

世の中は不条理だ

2005/09/04 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit