10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

当たり前の夢 

昨晩、夢を見た

屠殺場の夢だ

大きな屠殺場の工場内で牛がどんどん解体されていく

だが屠殺場には人は一人もいない

肉片や肉塊が何処からともなく現れ

工場内をベルトコンベアーに乗ってくるくると回っていた

だが誰もいない

シュールでいて残虐性に満ちた夢だった

人間は存在しなくとも残酷だ

スポンサーサイト
2005/11/25 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

月は偽善者だ 

私は母を殺した

月がそれをみていた

月は太陽に密告した

だから私は闇の中にいる

母と一緒に

母も月も偽善者だ

2005/11/19 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

探究心の母 

少女が毒殺をしたかったのであれば

母は喜んでその身を捧げるべきだろう

被害者は加害者になり加害者は被害者となる

それが探究心の末路なのだから

2005/11/07 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

11月になった 

それは悲しむ事なのだ

さぁ旅立とう

11月は旅立ちの季節なのだ

それは必然的なものである

運命に従い烏龍茶を水筒に入れて

利根川の土手を歩いていこう

2005/11/01 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。