11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

音がする 

音が気狂いを狂わせる

最近、幻聴がひどい

ボーっとしていると笑い声や雑音が

何処からも発せられないのに聞こえてくる

これはきっと私を試しているのだろう

気狂いが気狂い以上の気狂い未満を保てるかと

世界が試しているのだ

私はチンパンジーのアイちゃんの様に世界に注目され、監視されているのだ

スポンサーサイト
2005/12/30 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

無意味な犬の戯言 

誰か私の鍵を知りませんか?

あれが無いと私は一生首輪に繋がれたままです

2005/12/25 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

出会ったのだ 

私は全知全能の神と出会った

だが以前にも出会った事がある顔だ

私は神に確認した

「以前にもお会いした事がありませんか?」

神はぶつぶつと呟くように答えた

「私はお前だったのだ。お前はお前と会って、また私と会っているのだ」

2005/12/10 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。