03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

MOON CAT 

猫は月になりたかった

それは叶わぬ夢であった

私は月だ

だが猫にはなれない

世界とは公平にはできていない

スポンサーサイト
2006/04/19 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

食人嗜好愛 

君は僕の事を愛してくれるのかい

それはとても嬉しいよ

じゃあ君の内臓を食べてもいいかい?

愛してくれるなら僕も全身全霊で返すよ

全身全霊を込めて君の腹を引き裂こうじゃないか

愛って言うのは虚無感の前触れだよ

君を食べてしまえば僕と一緒になった君が

一緒になって途方に暮れられる

モラトリアムな恋愛をしようじゃないか

2006/04/10 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

生まれながらの死産 

人生とは落下時間だ

産み落とされてから落ちて行き

底まで只、落ちるのが人生だ

時に風に吹かれ舞い上がる事もあろう

時に雨が降り濡れる事もあろう

だが安心して落ちていきなさい

君が落ちる所まで落ちたら

君の死体を眺め笑ってあげるから

笑いながら私も落ちるから

2006/04/01 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。