10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

埼京線を止める日 

銀輪が素っ頓狂なリズムで歌いだした

これは勝利の凱旋歌であると確信したのだが

蓋を開けてみれば私は笑う者に笑われる者でしかなく

私の気持ちの悪い動きは気持ちが悪くないのだ

嘲笑、冷笑、失笑すべてが集まったのに私は

目先のボーダーラインを敬しく呆けて眺めていた

私は生きるが死ぬかもしれない

それは明日か今日かもわからないが

もしも私がいなくなっても青蛙の貯金箱を割らずに

私の骨壷にして納骨して欲しいのだ

その為に私は生きるのだ、けして怖いから等ではない

スポンサーサイト
2007/11/18 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。