FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

怠惰 

今日という日を一文字で表せば喉でだ

酸の池をそれ程歩いて見たくはないのだが

もしかしたら私に出会えるかもしれないという

淡い変態的な理由だけで今日を生きている

眠気と溜息が絶妙なコントラストを見せ付けて

いつかの秘密が心底不安でしょうがないのだ

フライドポテトを鼻の穴に挿しているのは私の母で

私の幼少の時からそれは見事な女だったのだ

どこからともなく自民党が流れてきたので

そっと指にこびり付いた硝酸の匂いを嗅いでみる

不潔な予感がした

スポンサーサイト



2008/01/03 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit