FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

非常ベル 

今を貪り食うのが億劫でしょうがない

後ろでは早くしろと言わんばかりに百鬼夜行が

イライラしているのだが私の脳は熱湯でふやけてしまっている

弱アルカリ性の私の体に警鐘を鳴らしてくれた貴方を

思い出したのが運の尽きであったと今、新説を唱えたのだが

所詮は釈迦に説法然りで貴方の空っぽの脳味噌に

スポンジや生理用ナプキンの吸水力は期待が出来ないので

私自身が狂う事にしたのだが非情にも電話は鳴ったのだった

スポンサーサイト
2008/01/04 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit