FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

最低のクズ 

コンコルドの如くの早さで果てる事のできる私は

時間のない現代のサラリーマンから見れば幸せ者だろうか

着眼点を変えさえすれば誰でも必要になり誰でも不必要となる

私はどこから見ても誰からも不必要な人間なので

飛び降り自殺をしてみようかと思ったのだが貴方が

代わりに私が生きててあげようかなと知恵遅れな名言を吐いた挙句

私より先に死んでしまうという本末転倒振りにぐうの音も出ず

これはいよいよ時代が始まったと再認識したのだが

貴方が私を必要としない限り私は始まらないのだ

貴方が私を犯さない限りは私はここでトーテムポールの顔を

並べ立てる狂人に成り果て行く行くは直木賞作家でノーベル賞作家だ

それは貴方から見れば予想の範疇でしょうが私は貴方の想像を

覆す事すら悪い意味で容易いのですよと脅迫紛いの自慰行為を

あの禍々しい松山ケンイチの代わりにここで吐くのだ

今日は何の日だったかを思い出せば貴方の答えはすぐに出ます

さぁ、どうしますか?

スポンサーサイト
2008/01/09 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit