FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

花子 

カメラ目線の先には地獄の鬼がいると言うのに

貴方は天使のように微笑みながらピタっとフリーズした

その瞬間デジタルの神様は私に微笑んだ気がしたのだが

結果論から言えば私のブリーフは黄ばんでいたのだ

それ以来、人間は信じていないのだが神様は信じている

スポンサーサイト



2008/01/28 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit