FC2ブログ

解放軍

2008.04.20 (Sun)

マドンナの頂を私は登れるのだろうかと不安になる夜

私達のアイディンティティとは元からなかったにしても

新たに生殖行為をする事はいくらでもできるのだ

しかし私はインポテンツであるが故に体外受精なのだ

精子バンクには未だに10人分も精液がないところを見ると

亜鉛を飲まなければ死んでしまう錯覚の襲われる

電車の中で外人は久喜に行きたがっていたタのだが

私は股間にテントを張っていたのを感づかれたのか

アンジェリーナ・ジョリーの呪いをかけられた

東京砂漠では人は生きていても死んでいても同じ扱いなのだと

この絶対零度の世界に辟易としたのも束の間

明日は一転して熱い一日になりそうな予感がする


スポンサーサイト



Category: | Comment(0) | Trackback(0)
back-to-top