FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

食物連鎖 

敬うべきは老害ではなく脳梅であると思ったのだが

ファミリーレストランへの道のりは激しくうねっているので

亀の甲より年の功とたんたかたんとリズムを刻み

尻を振りながら歩くマリリン・モンローは殴り殺してしまった

それからという物、暗闇の部屋の片隅には

体長が5m程あるガガンボが私の事をジーッと見ているのだ

動かないガガンボは生きているのか死んでいるのかもわからないが

少なくともあの複眼は含み笑いを浮かべながら私を見ている

風呂に入れば湯の熱さから脳味噌の沸いた蛆虫が這い出し

鉄串で刺された様な激痛に耐え切れず湯船で溺れ死んでいる

床一面にいるオオゲジの群れは私の死骸を食べている

壁にはクヌギヘラカメムシが大量に張り付いているので

私は腐乱しても誰も私に気づかず唯一の凝った遺骨も

オオミスジコウガイビルに食べられてしまうのだ

スポンサーサイト
2008/09/15 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。