04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

さよなら絶望先生 

米騒動でもやってきたかと思うほどの腹の空き様だ

気付けばザーメンをたらふく飲みあしたのジョーになっている

黒くなれば黒くなるほど胃袋を洗濯したくなり

気付けば反吐塗れの座布団に頭を埋めているのだ

タクシーはスピードを出しすぎて死んでいる

私は乞食ではないのだが銭はやはり欲しいのだ

だが私の声は煙草の煙とともに掻き消されているのだ

もう3日ほど寝ていない気分に浸るのはもうやめにしよう

スポンサーサイト
2009/05/30 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

車輪の中 

「朕は国家である」と言っていた私も夢現の中だ

何が現実で何が夢なのかもわからず頭の中で霞を食べている

道路で干からびている蚯蚓の様に私も果てるのか?

弁当箱の中にはマイクロペニスを刻んで入れた

道路の道端で死んでいる信号機を弔うように雨が強くなる

私の股間は既にびちょびちょのまるでポロロッカ現象だ

暦を刻む女を切り刻んでは魔法使いの続きに落胆した

そんな私も1ヶ月もしないうちに折り返し地点に立つのだ

2009/05/28 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

さらさら 

南関東を旅立ってから幾度と無く私が私を睨んでいる

金の亡者となった私は金の使い方も知らない青二才だ

明日には暴力団に押し寿司にされて川流しにされている

貴方のような青二才の先輩はただの下種野朗だと気付きなさい

鳴らない目覚まし時計は時を飛ばしたのか?動力を失ったのか?

電気シェーバーのギラギラした真夏のアスファルトの様な刃は

私の心を抉りこみただひたすら傷だらけの腕を上下に動かし

眼は傷だらけで太った女を見ながら絶頂に達する幸福感よ

私のセキリュティリスクは左から右へ流れては消えて逝き

パーソナルコンピューターの中の思い出は消したい物ばかりなのだ

2009/05/25 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

焼酎の日 

奇跡が起きたとしか言い様の無い雨の日

私はただひたすら楽しんで狂ってくるっと踊ったのだ

それだけで誕生日が来る幸運を掴んでしまったのだ

そこに今日が待っていたのを私は知らなかった

厚顔無恥のマリリン・マンソンだったのだ

しかし時が経てば其処にいられなくなるのは

ノストラダムスと幾度と無く同じ夜を過ごした事で

常温のバターが溶けるくらいに解りきった事実なのだ

今は祝う事しか出来ないが明日には晒し首だ

カラスに啄ばまれる目玉を今のうちに濁らさなければ

真実のまた向こう側がキラリと光ってしまう

アフロヘアーはいつまでも私のちらつきでしかないのだ

2009/05/24 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

羊水は汚水 

寝不足の脳味噌はブラウン管から手を生やしてくれる

頭の中身は薬を欲しているのだが身体は動かない

このまま薬を飲まなければいつの間にか死ねないかと

桃井はるこに尋ねてみた所、フェラチオをしてくれた

そんな幻覚を見ながらDVDを投げまわし畸形の夢を見ている

私も畸形児だった時期があったと懐かしく思いつつも

夢に誘ってくる畸形児の醜悪な姿を頭の隅に置き自慰をした

爆弾の地図はどこに在るのか探さないと私の精巣は爆発する

下半身を失くした男は生きていく事ができないと

実の母を犯す妄想をジッポーオイルに火をつけ燃やすのだ

2009/05/21 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

トゲアリトゲナシトゲトゲ 

いつの間にか私のロブスターがザリガニになっている

粉々に砕けた蜘蛛の身体が風に吹かれて飛んでいる

手の平にダイオウグソクムシを乗せているのはタラバガニだ

タランチュラが大百足の足に見とれて手も足も出ない

出るのは小蝿のちらつきとこそこそするホムンクルスだ

鼻の穴から出てくるそれらは大きなのっぽのトーテムポール

サルティンバンコな毎日はカンカン照りの鰤の照り焼きの夕食だ

腐った右耳から生えているのはオオミスジコウガイビルだ

私はホヤになりたいと懇願するのは現状海鼠の私なのだと

ノートブックに書きつつろうにもビネガロンの体液は臭いのだ

烏賊臭いのはきっと先日子供を三人ばかり犯したからだろう

2009/05/18 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

インポテンツの魔法 

ネオンが輝く東京の街はどこにあるのか

そんな事を思いながら大草原で小さく丸まっていた

ずらずらと並ぶ主婦たちは心も持たないのかと泣きたくなり

場末のショーパブでここがカリフォルニアと巻かれたのだ

初夏にフィギュアスケートと張り切ってみたものの

自分は運動神経も語彙も少ないジャンガリアンハムスターなのだ

二人きりの時間は乞食の電話によって壊された

壊された時計の針は進む事も戻る事もない

裸電球に群がる蛾の人生はいつまで歩んでも一進一退なのだ

人生が終わる前に幸福の砂糖を舐めてみたいものだと眠るのだった

2009/05/15 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

 

二重線を引いたノートの切れ端がチラチラと頭を過ぎる

お母さん、貴方の顔を思い出すのには薬は要らなそうです

私は私をもう辞めるべきなのかと思わせる貴方は誰だ

思えば頭の中に住んでいた住人は長らく帰ってこないのだ

再びドアをノックするのは貴方ではないですか?

もし貴方は私の頭に再び住む事になれば家賃は5万円ですか?

私が首を吊る時は出て行ってくれますか?

私が自慰をする時はコンビニに行っていてくれますか?

要らぬ心配だけが脳味噌をぐちゃぐちゃにしているのは

きっと私が猿になりたいと切実に願っているからです

もし明日夜明けが来るとするならば太陽は昇らせないでください

嘘を付いているのは貴方も私も同じ事だとリズムを刻みます

もしこのまま真っ暗のハチミツ色の世界が続けば

私は平行線を交わらせて世界のニキビ面を踏み潰す事が出来る

言うなればどこでもドアの様な未来が待っているという事です

二階の南側の部屋から貴方は入ってくるので狸寝入りをかまします

それで貴方の顔が見えなくなり天井だけ見ながら息絶える事になっても

私のこんな糞を舐める様な人生をずーっと続けていこうと思います

吠え面を掻くのは私ではなく目の前の現実と共に理想論で語る貴方です

2009/05/13 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

重たい背中 

手抜きの牡丹は咲く前に散っている事を知っているか?

睡眠不足の私の脳味噌は枯れる前に乾いているのだ

落ちてくる空に潰されそうな劇場で明かす夜

時計は私に2時間しかくれないので泣きそうになり

大雑把に世界を広げてみようとした所、三重苦に泣かされ

やってきた夏に汗をかいている私は詐欺師の恰好の標的だ

死んでも腐っても大きな空を回りつつ薬の箱を積み下ろしするのだ

2009/05/12 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

すこっぷ 

白米だけで笑えるなんて私はなんて幸せなんだ

と妄想していた午前中とは違う世界を見ている

三日天下は頭上高くに渦巻いてキッチリの三日おきだ

缶コーヒーに知られた過去は薄らと安堵感をくれた

だが私の前には再び誰も立ってくれなくなる日が来る

その日を怖がっている私は光の速さで歩いている

私の言葉は爆弾にはならないと痛感した夜に

壊れた頭が直っていく妄想をしている頭は壊れているのだろう

2009/05/09 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

涅槃で奏でるギター 

私は階段を登っていた

何時に無く心地のよい歓声が沸いていた下を見つめ

そこにいる全ての愚かなる者に等しく滅びを与え様としたが

私の頭のCPUは既にオーバークロックしていたので

気分良く風呂に浸かりながらアニメソングを歌ったのだ

気付けば乞食は姉DVDを読みながら帰っていたのだが

私は久しぶりの大歓声を思い出しつつ

この壊れた無料の箱を見ながら一人自家発電をしていたのだ

私はもしかすると才人なのかもしれない

これから私は愚か者のクラブに仲間入りしようと思う

2009/05/08 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

色は匂へど散りぬるを 

私が34年間生きてきて確信した事が一つだけある

それは夜はひっそりとやってくるという事だ

今日も今日とて未成熟な裸体を嘗め回していたのだが

気付けば太陽は地面へと溶け込み私は取り残されていた

そして気がつけば今日は既に終わっている

歩みの遅い亀は私の亀頭をペロっと舐めて

北海道留萌市の海へ沈んでいったのだ

それも時速239kmの原子力潜水艦に跨ってだ

2009/05/04 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

さぁ、咲こう 

ぽかぁんと音をさせながらぽかぁんとしていた所

倉庫の二階から箱が音を立てて頭の上に落ちてきた

すると床一面に油の花が咲き蝦蟇がぐぁあぐぁあと鳴き始め

卍解するべきは己の包茎と思いつつオナニーをした

包茎を見つめ包茎を愛でる私こそ真の包茎である

今宵は貴方と私のサルティンバンコだ

もう恥じる事も働く事も生きる理由も何も無いのだ

2009/05/03 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

焼肉の日 

三人の愚者が別れた時、私は電子ドラッグに手を出した

斜めに構えた額縁を見てこれぞ私の精神崩壊と笑った

気がつけば夢の中に二時間ほど滞在していたのだが

同僚の声で私は寝ぼけ眼を飛び出させたのだった

笑っているのは笑い茸を食べたからではない

貴方が電波を滞らせたせいでチャンスを舐めたからだ

睡眠薬の偽りは明日でも響かす事が出来ると知った時

私は人生の優位に立ったと一人妄想しながら

全身をピンク色に染め上げ洗濯機を回すのだ

貴方は黒人差別主義よりも感染症が恐いかもしれないが

我が家にはマーカス・ミラーのデスマスクは無い

代わりに六千円の価値のある老婆が笑っている

2009/05/01 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。