08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ガラムマサラ 

ビデオテープを切り刻んでいるのは私だけだった

開いたドアの向こうにはアスファルトの塊がポツンと在り

人間らしい人間のいない客席を見ながら踊る事になるのかと

神様を蔑ろにしている二人のチェリーボーイに花束をと

薄っすら考えている私こそ孤独なのだと孤独の喘ぎに埋もれている

魔法使いのお姉さんが夢の中で私を呼んでいたのだが

貴方方を差し置いてそちらの世界に逃げたいと切に願っている

自分自身の暇潰しだと思っていたのだがこれは神様の暇潰しだ

物語がここから始まるのかここで終わるのかはきっと

般若心経を唱えながら心を鬼にして貴方方を殺せば解るはず

殺されたくなければ一人は死んでもう一人は殺されてください

スポンサーサイト
2009/09/22 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

東京都庁にて 

巻き髪をくねらせる踊りを悪戯に踊る貴方は

金色に反射する甘酸っぱい顔なのだ

私は一日に二度も珈琲が飲め天津さえ煙草まで吸える

そう思えば生きているだけで世界は重低音に満ちていると

月の満ち欠けを薄らと頭に浮かべる幸せ物なのだ

禍々しい程のノイズに溢れた歩幅の狭い世界は

何所までも続いていると狂った磁石に錯覚し

携帯電話の小さな窓を覗き込む私を呼びにくるのは

私とは反対側にいる人間達の下着姿なのだ

私は牛肉を食べるのが大好きだ

それと同じ様にこの世の中で息をするのが大好きで溜らないのだ

2009/09/15 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

噛ませてあげる 

貴方はいなくなってしまうのですねと蟇蛙が呟いた

肯いた貴方はCD-Rの様な虚ろな目で私から視線を外し

見ていたのは倫敦、巴里もしくは群馬の果てで

私が貴方の代わりになりますと人身御供を気取っても

薄っすらと排水溝に浮かぶ花弁の様に私は腐って逝く

今日も明日も明後日も自分以外の何かを求め

影を照らし合わせる行為を自慰の変わりに繰り返し

明日には9番目の私になれるのではないかと空を見つめ

私はカップヌードルの汁を乞食の様に啜るのでした

2009/09/10 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

長いお別れ 

もうすぐお別れなのだと猫の虱を潰していた夜に

私の眼は潰れ腐りいつの間にか乞食になっていた

ギタギタに切り刻まれていたフィルムは繋げれるのに

私のバラバラになったアイデンティティは河童の川流れで

何所に行っても禿散らかしている徳利セーターなのだ

いつになればこのホワイトボードは消せるのかと

油性ペンで書かれた孤独の二文字を塗りつぶしている

あぁ、そういえばもう秋なのだなと銀杏の木を見つめ

麻縄で太い首をマグロの一本釣り宛ら吊ったのだ

明日はきっと三塁打だと胸を躍らせているが

私には誰の悪口も言えない聞こえない

だから誰も私の悪口を言わないでぐっすりと寝ていて欲しい

2009/09/06 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。