11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

霙の降らない町 

クリスマスの余韻は頭に響く

自分は人に好かれ人に嫌われる

壊れたかった日々に戻りたくはない

重たい頭は枕を潰し財布の紐を緩くする

コーラの炭酸の様に抜けていく自分に

両の手を広げながら思う

「あぁ、今日も雨か雪が降る」と

スポンサーサイト
2009/12/28 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Hold me tight 

インクのこびり付き薄汚れてしまった手は

いつの間にかインクも消え去り綺麗になっている

私の心もそうなるのではないかと薄々思っていたのに

気付けば心はヘドロの様に腐りきってしまった

キングオブポップ等という言葉は屑の生み出した練物だ

誰も心の中にポップ等持っていない

持っているのは雑巾の様な下心と下卑た自己保身の良心だ

月を抱えて眠る夜にすら浮かぶ物のないカスピ海だ

天狗の鼻をへし折られた和菓子職人の下男だ

私はいつの間にか社会の美人局になってしまっている

誰か私を危険日の日に激しく抱いてください

そして貴方の天狗の鼻からサルガッソーを吐き出してください

私は貴方の枕元で総てを吐き出します

「私はゲイになりたい」と一言で済む私の全部なのです

2009/12/23 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

女神のキッス 

祖父の形見の羅針盤をそっと汚れた手で撫でる朝

いつの間にか私の右手は自慰専用機と化し

通常の三倍の速度で逝ってしまうとは情けない

私の胸の中には未来はまったくない

代わりに蛆虫の様なご飯粒が張り付いていて

セクシーな胸元を強調するたびにお腹が空くのだ

全力疾走の朝方はいつまでも続き

太陽は過呼吸発作を起こしてのた打ち回るのだ

甘いコロンと火薬の匂いが漂ってくるのは

近くにギンギラと目を光らせたタスマニアデビルがいるのだ

時間が迫る中でもタイピングの指は止まらない

私は生きる為に必死なのではない、死に逝く為に必死なのだ

2009/12/08 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。