08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

二胡の音色 

ピエロもかつお節も踊る夜

私は躍る貴女を見て心躍らせの鎮座だ

夢の中の貴女もどんどんと朧気になっていく

いつセピア色になるのだろう

いつ砂塵に成り果てるのだろう

いつ壊れた玩具になるのだろう

いつ私の心が壊れるのだろう

どれが一番早いかは知っている

まだ形を成した夢の続きを見るために

まだ壊れない私と貴女の続きを見るために

私は今日もレンドルミンで脳味噌を塞ぐのでした

スポンサーサイト
2011/09/15 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

夢晴映画 

夢を見ました

何一つの音が無くなってしまった水平線を

一本の電車が海水を掻き分けながら走っているのです

周りには何一つない綺麗な綺麗な夏の日の昼下がり

まだ日も落ちきらない中途半端な時間に溜息が流れていました

私は気づくとその電車の中に一人座っていました

ガタンゴトンという響きに連られて吊革が揺れています

誰もいない電車の中、キキィと電車が止まります

ドアが開き貴女が乗ってきました

私は驚いた顔で見ていたのですが貴女は気づかず

少し離れた席に座り窓の外を見つめていました

電車が走り出します

昼下がりの日差しがとても気持ちのいい時間です

貴女は居眠りを始めました

安らかな顔を見つめながら僕はこの電車が

いつまでもいつまでも水平線を走っていればいいのにと

溜息をつきそっと目を瞑り幸せの居眠りに

貴女という至福の時間に抱かれながら就くのでした

いつか電車が貴女の所まで着くように祈りながら

2011/09/14 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

一人暮らし 

寂しさを抱えた畸形児が

真っ黒なシーツに包まれ泣いている

私のどこにも貴女がいなくて

貴女のどこにも私がいない

駅に迫る電車には飛び込み乗車の選択肢

ぶらさがり健康器には首くくりの選択肢

錆びたナイフには皮膚を切り刻む選択肢

錠剤には致死量未満致死量以上の選択肢

答えは一つではない

だが私には一つしかないのだ

私は何にもなれない事しか私は知らない

2011/09/06 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。