09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

死ノ頭~死ノ尾 

私は森の中にいた

森の中で貴方に貰った飲み残しのサイダーを飲んでいた

時間が来たので私はシノズ駅へ行った

ハニカミウラ方面かシノビ方面の電車かわからずに

シブヤ方面へ戻ることにした私はサイダーの缶を大事そうに抱えていた

私はシノビへ怖くて行かなかったのではない

またこのサイダーを森の中で飲みたくなっただけなのだ

スポンサーサイト
2011/10/24 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

MU 

最近、よく夢を見る

夢は昼には忘れられ無になる

今は夢にあふれる私も

きっと昼には無になるのだろう

夢を書き記す事は気狂いへの入り口だ

きっと今頃、私の残してきたすべての物が

無の中で手招きをしているのだろう

2011/10/06 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

虚仮孤恋 

半透明の夜明けがうろ覚えの夢と共に

みるみると形を成していく時間帯に

蕩けそうな目でいつの日の事かを思い出しています

半年も経つのに私の心は羽ばたきもせず

ずっとあのビルの中で羽を休めています

夢の中で私が欲した貴女の缶バッチ

胸に携えたいと思った貴女の缶バッチ

それさえあれば私は誰だってグーで殴れるのです

決して私は弱くないのだと一夜限りの夢に

何をそんな確証が抱けることがあるのでしょう

気色悪い私よ、灰になれ

気色悪き想いよ、塵となれ

気づけば私は一匹のホロホロ鳥でした

貴女の食卓にはきっと上らないでの屠殺です

でも、きっとそれでいいのですと嘯く私こそ

何にもなれない一匹の雛なのでしょう

2011/10/03 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。