08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

夜釣りの帰り道 

夜蝉無く玲瓏の響く夜

ひたすらに続く一本道を

労働者の足で労働もせずに走るのだ

空では不気味な笑みを浮かべた月が

そっとビルの隙間から私を見ていた

ずっとこの日が続けばいいと

水面に走る橋に寝転がり

草木の戦ぎをぢっと見ていた

気づけば体は水面に浮かび

いつの間にか島の下に沈む

私は大地震よ怒れと島を殴ろうとした

だが体は無情にもずぶずぶと沈んで逝くのでした

スポンサーサイト
2012/09/13 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

ティテテ 

私は蝶になりたい

私は花にもなりたい

私は蜜にもなりたい

私は葉にもなりたい

私は早く私をみつけたいのだ

2012/09/02 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit