FC2ブログ

優れた林檎

2014.03.05 (Wed)
脳味噌に私を産み付けて貴女は飛んでいった
それから私はずっと貴女の私なのだ
脳蓋の内側にびっしりと敷き詰められた
貴女のブロマイドが今日も賤しい臭気で湿っていく
湿った写真は重みで剥がれてしまうのに
その裏にも貴女のブロマイドがある永久地獄
きっとこれは何かの罰であるし
贖罪をしなければならないのだと
貴女のためにハープを買いました
貴女のためにピアノを買いました
貴女のためにバッチをつけました
貴女のために牛タンを煮付けました
貴女のために、貴女のために、貴女のために

きっと今するべき事は貴女を忘れる事だ
貴女をどうすれば忘れられるのか?
貴女を思いながら考えているのです
スポンサーサイト



back-to-top