03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

嘘の遺稿 

コペルニクスになるのだと思っていた僕は
空を見ることもせずに文学を読み漁っていましたが
よくよく考えれば僕は明き盲なので
一文字も太宰治の気持ちは解らなかったし
一文字も太宰治にはなれなかったのですが
きっと彼も僕みたいに死んだのだと思います
だってずっと僕には川のせせらぎが聞こえている
泥棒かささぎが僕の死体を啄んでいるので
「僕は誰と同じ味がするかい」と尋ねれば
「貴方は腐った女の味がする」と言われたので
間違いなく僕は太宰治なのです
だから自殺してもいいし
カルモチンに頼ってもいいし
ヒロポン中毒になってもいい
そうしてお星様になればきっとコペルニクスにもなれると
僕は脳味噌をスポンジにしながら考えているのです

貴女の事なんて、惜しくないから、僕は太宰になります
グッド・バイ、グッド・バイ
スポンサーサイト
2014/04/23 Wed. 23:06 | trackback: 0 | comment: 0edit

お豆腐 

貴女ではなく、貴女でもなく、貴女の夢を見ました
貴女と肢体を絡ませる私をみて貴女と貴女は何を思うのでしょう?
蔑みと冷笑の冷やっこは指を触れるだけで崩れてしまいます
もう居場所なんて貴女の中にも、貴女の中にも、ましてや貴女の中にもないのに
自分の居場所がまだ何処かにあると彷徨い歩いた赤羽の駅
埼京線のヘッドライトがにっこりと僕に優しく微笑むので
優しい光に包まれたい僕はついつい飛び降りでしまいました
血みどろの冷やっこはもう粉々で真っ赤で真っ赤で
夕日の照り返しと散っていく桜の花びらも相成って
「あぁ、僕にもやっと春が来た」とバラバラ死体は思うのでした
2014/04/05 Sat. 01:56 | trackback: 0 | comment: 0edit