08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

僕が生きようと思ったのは 

死ぬつもりなんてなかったんです
そこに120錠の錠剤があったから飲んだだけで
長く眠れるといいなあと思いながら床に就いたんです
夢の中ではサソリが噴水の中を泳いでいました
扇風機が空を飛び、四肢を切断されたライオンが転がっていました
ピエロは子供たちにピンクチラシを配っていて
それを見た子供たちはみな頭が破裂してしまいました
そんな異様な街並みを見て僕は殺風景だと思ってしまったんです
ピエロは僕に近づき「もう帰る時間だよ」と言った刹那
僕は病院にベッドで目を覚ましました
窓の外、突き抜けるような青空を見て死ぬつもりなんてないけど
僕は生きようと思ってポケットに入っていたピンクチラシを破り捨てたのでした
スポンサーサイト
2017/09/26 Tue. 21:07 | trackback: 0 | comment: 0edit