FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

夏を知っている 

日差しはどこにも迷うことなく真っすぐに僕に突き刺さり
汗はうろうろと迷いながら滴り落ちていく
ガタガタとうるさい扇風機が温い空気をかき混ぜて静かだ
セミの鳴き声、車のクラクション。夏休みの子供、壊れた扇風機
すべての騒音の中でただ沈黙している僕は静けさをぶち壊すように口を開いた
「死にたい」
夏はもうとっくに終わっている、僕はそれを知っている
スポンサーサイト
2017/12/03 Sun. 14:00 | trackback: 0 | comment: 0edit