FC2ブログ

電撃LOVE ATTACK

2020.04.30 (Thu)
「相対的に考えると僕は広瀬すずなのかもしれない」
そう思った夜に猫の欠伸を見ました
猫の欠伸の中には終わりと始まりがあり
どこにでもあるんだ、悲しむ必要はないと
枕元に置いてあった成年コミックが股を広げて誘ってきます
欲情した僕が飛び掛かるとうっかり灰皿をぶちまけてしまいました
悲しくなって悲しくなって泣いている僕を鏡で見て
「絶対的に考えると僕は広末涼子だった」と
確信に近い何かを得た夜、ナイフを手に取った僕は武蔵野線に乗っていました
遠い目で南浦和を通過した憎悪は犯罪史に名前を残すのですが
相対的に見ると広瀬すずな広末涼子なのですべてが赦されるのでした
スポンサーサイト



back-to-top