fc2ブログ

犬が爆弾を咥えて私に来訪してきた

犬は言う

「この爆弾を国会議事堂に置いてきてください

 お礼はたっぷりします」

私は犬が言うのならばと犬の犬になったような気持ちで

犬から爆弾を授かり国会へ爆弾を投げつけてきた

しかし爆発しなかった

家に帰ってみると犬が爆発していた

血や肉があたりかまわず散らばっていた

私は意味を穿違えたのだ

犬は爆弾だったのだ爆弾は犬だったのだ

スポンサーサイト



COMMENT


TRACKBACK

↑