FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

殺人犯の戯言 

死のうにも死ぬ理由がないので探してみた所

台所の戸棚の中に小さな世界があり

そこには私がいました

私の見ている世界は誰かが見た私の世界であって

私の見た私の世界は存在しないと思っていたのに

こんな身近にあるとは微塵も思わなかったのに

見つけてしまった以上、私は異常者なので

首を括ろうが手首を切ろうが構わないとも思ったのに

私ではない私が必死にそれを阻止しようとするので

私は私を金属バットで殴り殺してしまいました

明日、朝早くに七曲署に出頭したいと思います

スポンサーサイト
2007/11/10 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/414-de9aa29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。