05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

影法師 

布団の中で蹲っていると天井から巨大な黒い手が

私を包み込まんばかりに睨んでいた

手はニヤリと笑い部屋中の顔がニヤリと笑った

私は恐怖から電燈の紐に手を伸ばし電気代など気にせず

一心不乱に電気をつけたのだが黒い手は消えずに空中に

まるで天井の近衛兵の様に天井を覆い隠していた

思わず目を背け視線の先にあった鏡を見ると

鬼の様な形相の私が死んだ魚の目で泳いでいた

明日はきっと来ないのだろう

ずっと今日は今日なのだろう

そんな薄ら笑いの予感がした

スポンサーサイト
2007/11/11 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/415-4c743c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。