FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

夜の色 

夜は不思議だ

ただの空腹感が鉈を構えて襲ってきただけなのに

真夏の夜の夢にしみじみと叫びたくなるのだ

いつの日かに見たオリオン座は今でも

冬の皿に乗り大空満漢全席だというのに

あれから私の冷蔵庫には腐りかけた鮭の切り身があるだけで

私の腹の虫は苦虫を噛み潰しながら夏の蝉の様に鳴くのだ

その鳴声にシンパシーを感じてしまった貴方はきっと

私と同じ例年通りの一人寂しい冬が来る

たとえ貴方が平野綾だとしても貴方は貴方だ

世界中の誰よりも貴方は貴方色だ

スポンサーサイト
2007/11/15 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/419-91cbe74a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。