05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

タパスタパス 

月が半分だけ笑っている

東の空に大きな紫色の雲を見た

逆さまになった地平線の様に透き通っていた

私は夜のドアをノックしなければいけないのに

鳥目の私は夜のドアが赤いのか青いのか結局わからず

自棄を起こしてここで一人体育座りをしている

摩天楼は空高くにあり私には到底手が届かないのだが

いつか必ずやシークレットブーツを履いて

あの憎たらしい摩天楼より高くなるのだ

その為に私は今日もご飯を食べないといけない

このサイクルには飽き飽きとしてきたので

そろそろスパゲティを食べようかと思います

スポンサーサイト
2007/11/22 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/423-c6c1e8ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。