FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

明かりをつけろ 

やくみつるに農薬を飲んで死んでもらいたい理由は

私の祖母の善意を欺瞞に満ちた自尊心によって

彼という名のスケープゴートに見事に咲かせたからだ

枯れない薔薇の無い様に枯れない水の無い様に

私の心ではエネループの如きサイクルが目覚めようとしてる

丁稚の態をしていると母は言うがそれこそ国粋主義の

糞詰りであると私は股間を奮い立たせながら熱弁を振るった

国民の八割は大阪人であるんだなと概ね理解した

スポンサーサイト
2008/01/29 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/460-34dc7f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)