FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

ガスト 

自分の殻に閉じこもった私は

韓国人に愛されるポンデギなのだと

友人に打ち明けた所、友人は融けた

どうしようかと迷った挙句に

足を運んだのは焦土と化した赤羽だ

スピリチュアルとビジュアルの狭間に

迷い込んだと世迷言はいくらでも吐ける

吐いた私はスッキリとした顔だが

疲労困憊の貴方に私は邪魔な存在なのだろう

そんな理由で私はそろそろ鬼籍に入ろうと思う

お別れの言葉は16ページ以内に纏めて下さい

スポンサーサイト



2008/04/05 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/499-adc30893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)