FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

土気色の日 

ミディアムレアの焼け野が原と言えば趣があるが

私の見たのは14人の悪魔がいる地下室だった

福袋はどこに落ちていたのかと思い出せば

マンハッタンだったと言い切れるのだが

アンダーグラウンドミュージックの聴きすぎで

私の脳髄は蕩けてしまっているのだと指摘されれば

それは間違いですと指摘する事も出来ないのだ

なぜなら私には正解も見えていない

ならば尋ねるが正解はあるのですか?

真実はいつもひとつならあるか、ないか

YESかNOかで答える事が出来る筈だと脳みそを揺さぶり

新幹線に揺られながら向かいに菩薩が乗っていた

その隣にはさとりが乗っているのを見ながら

私は寝惚け眼で北与野に降り立ったのだ

スポンサーサイト
2008/04/06 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/500-f2f9299a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)