FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

解放軍 

マドンナの頂を私は登れるのだろうかと不安になる夜

私達のアイディンティティとは元からなかったにしても

新たに生殖行為をする事はいくらでもできるのだ

しかし私はインポテンツであるが故に体外受精なのだ

精子バンクには未だに10人分も精液がないところを見ると

亜鉛を飲まなければ死んでしまう錯覚の襲われる

電車の中で外人は久喜に行きたがっていたタのだが

私は股間にテントを張っていたのを感づかれたのか

アンジェリーナ・ジョリーの呪いをかけられた

東京砂漠では人は生きていても死んでいても同じ扱いなのだと

この絶対零度の世界に辟易としたのも束の間

明日は一転して熱い一日になりそうな予感がする

スポンサーサイト
2008/04/20 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/507-cc7ca028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)