FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

絡みつく鉄線 

吐瀉物が水流に飲まれ渦を巻いて流されていく

その中にはまた貴女はいないと安堵と危惧の渦を作る

吐き出せど吐き出せど心は吐き出せない

捨ててしまいたい想いを持ち続けるのは

貴女を脳味噌に縫い付けているからだ

私は下衆で女々しい黄金蜘蛛だ

糸に絡まりモラトリアムを気取っている

吐き出す事しか能のない害虫なのだ

私は鋏を持っていない

誰かが鋏をくれる事を願っている

絡まる貴女を救える事を願っている

心を斬り裂きたい

私を斬り裂きたい

心の琴線を奏でるピアノ線は止む事はない

心の中にヴァイオリンが響く日が来るのを信じれないまま

今日も一人ショパンのリズムで啜り泣くのだった

スポンサーサイト
2011/04/19 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/815-145e25d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。