fc2ブログ

蛾の夢

昨日の早朝から部屋を蛾人間が飛び回っている

撒き散らされた燐粉で脳味噌が腐っていくのがわかる

私のするべき事は何なのか?するべき事があるのだろう?

それすら曖昧になってしまっているのは何故なのだ?

可笑しく成っていく私を見ながら

蛾人間が笑っている

蛾人間が嘲っている

蛾人間が見つめている

蛾人間が羽ばたいている

蛾人間が止まっている

私の背中にへばり付いて離れないのは蛾人間の卵です

もうすぐ私は毛虫に喰われて居なくなってしまいます

その前にあの娘に会いたい

可笑しくなってしまう前にあの娘に会いたい

毛虫が繭になり産まれてくるのは誰の子でしょうか?

蛾の子だろうか?蝶の子だろうか?私の子だろうか?

そんな問いかけを空中に投げても蛾人間は拾ってくれず

ただ、薄ら笑いで宙返りを繰り返しているのだった

スポンサーサイト



COMMENT


TRACKBACK

↑