fc2ブログ

痣爆弾

貴女がより魅力的になっていた夜

釣合わない私の顔を便所の鏡で見た夜

輝いていた貴女の邪魔をしたくはないのです

ひっそりとビルの陰で暮らすのが私には似合う

総てを諦めれば私も貴女も幸せなのです

あぁ、自分につく嘘が上手になったなと瞼を閉じます

夢の中では貴女がやはり輝いていました

夢と現実の差は何か?

それは私も輝いていたという事です

貴女を汚してごめんなさい

スポンサーサイト



COMMENT


TRACKBACK

↑