FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

眼の旅 

駅のホームで近づいてくる電車の音を聞きながら
グレープフルーツジュースでブロンを流し込んでいます
眼球はすでに1本前の快速電車に乗っていってしまって
今は戸田公園を走っているのがよく見えます
眼球にだけはさよならが言えたので僕はバラバラになっても生きていける
だから僕はこの鈍行電車に轢断されてもいい
だって眼球はどこまでも旅を続けてくれる
和邇ヶ淵だって香良ノ岡だって行ってくれて
きれいな景色を見続けながら僕は果てれる
こんな幸せな最期を迎えてれると思ったのに
目の前は見えないからスマホに遺書が書けないので
今日は和民で一人お酒を飲んで帰ります
その頃には眼球も疲れ果てて帰ってくるので
「おかえりなさい」と言ってあげるのです
スポンサーサイト
2017/11/27 Mon. 09:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/912-2f0e9bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。