01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

家事≒火事 

僕は貴女の料理を食べる事はもうできないのだな
貴女の料理が対岸の家事になってしまってからどれくらい経つのだろう
夜空に貴女の顔が浮かぶのをかき消すように必死で自転車のペダルを漕いで
どこへ向かうわけでもない、この街をぐるぐると、ただぐるぐるとして
全てから逃げ切ったつもりなのに「隙だらけだぞ」と月は付きまとい
だから僕は月にこんばんわとごめんなさいと境界線の言葉を発した
そして自宅に帰れば自宅が全焼している
思い出も家族も全て全てが燃えてしまっていて
僕は貴女の事を考える余裕などないのです
なのにこの火力ならあなたのチャーハンを再現できるかな、とじっと火を見て
雲に隠れてしまった月が二度と出てこないよう祈るのでした
スポンサーサイト
2018/01/19 Fri. 18:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/914-bef6e427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。