FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

飛行機が上へ落ちていく 

乗客に日本人はいませんでした
処女はいました
童貞もいました
ホモセクシャルもいました
レズビアンはいませんでした
キツツキはもちろんいなかったし
人魚ももちろんいませんでした
僕もいませんでした
僕は必要のない人間でした
なのに其処にはいませんでした
部屋でイタリアのバカンスの夢を見てました
見る必要のない夢を見てました
だから僕は必要がなかったんです
僕が其処にいる必要はありませんでした
ただカラスが鳴いたので目を覚まして
寝惚け眼でテレビジョンの神様を呪いました
今日はそれだけでした、明日もきっとそれだけです
スポンサーサイト
2018/06/25 Mon. 14:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/915-4630e830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。