FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

電車を待ちながら 

「きっとこの恋は実らないな」と確信した私は
遅延の電車をさらに遅延させる為だけにこの踏み切りに立っています
この恋は遅れることも早まることもなくここに留まり
私の命だけが急行電車と一緒に繁華街へ向かいます
私の命は繁華街のソープランドで溺死して
無に帰ってしまうのがお似合いなんです
だからおしっこをオプションで付けてください
変態でごめんなさい
スポンサーサイト
2018/11/14 Wed. 13:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/916-fd902a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。