FC2ブログ

緑の食事

2020.05.21 (Thu)
ただ貴女の作った温かい食事が食べたくて
目の前にある僕の作った温かい食事が冷めていくのを
呆け者の眼でぬるく、ただぬるく見守っています
食事はやがて腐って緑色になります
そこから一本の芽が生えそれは大きな木になります
大きな木は大きな木々になり森になり大地になります
私が欲しいのは貴女の温かい食事、それが出るまでは呆けてられる
無限に待っていられる幸せと無限に来ない悲しさをアウフヘーベンして
だから僕はこんな間抜けっ面でこの街でいられるんだと思います
この物語は貴女と私の共作で狂作
そしてこの物語は盗作で倒錯なんです
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/923-72b1aba1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top