FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

肉塊奇譚

どぶ川のきらめきが僕にとって唯一綺麗な想い出でした。

サンマと老人 

駅のホームで老人が私に一言言った

「奇遇だな」

私は初対面の老人になぜそんな事を言われるのかわからなかった

老人は続ける

「私もちょうど、飛びこもうと思ってたのだ」

そして老人は電車のプアーーンという音と共に線路へ飛び降りた

私は興ざめしてしまい家へ帰った

そしてサンマを一尾食べた

スポンサーサイト
2005/02/19 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://hedonismar.blog.fc2.com/tb.php/94-31c3f61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)